鹿島道路の建築事業は設計から施工までトータルな対応が強み

■鹿島道路は建築も中心事業に位置づけている

鹿島道路は、倉庫や工場をはじめオフィスビルや商業ビルの建築事業も行っています。学校や老人ホーム、ガソリンスタンドまで多種多様な建築物をカバーしており、設計も施工もトータルで対応できる柔軟性のある企業のようです。

■設計と施工までトータルに対応できるのが鹿島道路の強み

強みのひとつが、建設工事を設計から施工までカバーできる総合力でしょう。設計会社と施工は別々だと、各業者のために時間も取られます。連携が取れておらずコミュニケーションがスムーズでないと、誤解や行き違いで大きなトラブルになりかねません。
舗装工事も同じで大きな規模になれば、莫大な費用がかかります。失敗があれば取り返しがつかないため、設計と施工の担当者の連携は重要な意味を持つのです。鹿島道路は設計から施工まで一括で行える、業務範囲の広さがあるようです。

■小回りが利く機動力の高さと高い技術力で対応

小回りが利き高い技術力を持っていることも、鹿島道路が建築分野で実績を積み重ねられた理由かもしれません。鹿島建設の親会社は、ゼネコンの鹿島建設で、建設工事のノウハウが共有できているようです。中心事業の舗装工事や土木工事に長けたプロフェッショナルが多く在籍しているため、多種多様な建築物を高い技術力で対応できるのでしょう。
規模は鹿島建設よりも小さいため、小回りの利く柔軟な体制が整っています。同時に携わるスタッフも、年齢が若いうちからひとりで仕事を行えるため成長しやすい環境を作っているようです。各スタッフの技術力の高さが、鹿島道路を支えているのでしょう。

■鹿島道路のスタッフは専門以外の知識も得やすい環境

親会社の鹿島建設は経済的な体力があって安定しており、多くのグループ会社があります。海洋港湾や海岸保全工事や地質調査などを行っている会社、建設廃材の中間処理を行う会社も入っているそうです。
日常的に土木専門の社員や建築専門の社員など、他分野の専門知識を持った社員が接する機会も多く積極的にコミュニケーションを取り、意見を交わしているようです。グループ会社という点で、お互いに協力し合う関係ができあがっているのでしょう。
新人教育にも力を入れているようで、その中で鍛えられ、人間力を持った人材が建設や舗装に携わっていることが鹿島道路の強みなのかもしれません。

■鹿島道路の建設事業は協力しあえる風土で成り立っている

鹿島道路は、グループ会社同士で協力しあえる体制が整っているようです。土木や建築など多分野の会社が協力し、各専門知識に基づいた意見を交わしながら建築物を建設しています。
恵まれた会社風土の中で新人を育成できるため、各分野に高い技術力を持った人材が育ち総合力を高めている企業と言えるでしょう。

投稿日: