鹿島道路の考え方は顧客の満足度を高めて環境づくりに責任を持つこと

■品質と環境づくりに責任を持つ鹿島道路

鹿島道路は、品質と環境に責任を持った企業として前進しているようです。顧客の考えや求めているものを把握し、過剰に保守的にならず、新しいことにもチャレンジする積極性を持っている企業といえます。
舗装工事や建築工事などに取り組む建設業ですが、自然環境も無視していません。快適な環境づくりを役割とし、使命感を持って責任を果たしているようです。

■鹿島道路がチャレンジし続ける品質の向上のための取り組み

鹿島道路が掲げる基本方針の中に、品質方針があります。品質を高めるために行っているのは、顧客と社会はなにを求めているのか把握し追求することだそうです。品質を高めようとしても、人々や社会に不要と判断されるものでは意味がありません。
革新へも、積極的にチャレンジしているようです。鹿島道路が長い歴史の中で積み重ねてきた実績は多いですが、あぐらをかいていれば向上はありえません。日々、継続的なレベルアップを意識しており、実践の容易化にも取り組んでいるようです。

■人と地球が豊かに生活するために鹿島道路が取り組んでいること

鹿島道路は環境保全に力を入れていますが、それは舗装工事と建築工事などを行う建設業としての役割と責任を持っていると考えているからでしょう。ただし、地球環境保全に限らず、経済活動も両立し、持続的に発展できるための社会づくりへの貢献も考えているようです。
地球環境保全のための行動指針は、複数あります。汚染予防や環境への負担を減らし、低くするための取り組み、そのための技術開発を推進中のようです。また、環境関連法規や同意した要求等の順守、社内外のコミュニケーションの風通りをよくすることにも取り組んでいます。

■労働安全方針で労働災害を防いで安全を守る

舗装や建設の工事を行う現場は、絶対的な安全が確保された場所や環境とは限りません。働く人々を守るために労働安全方針を掲げ、労働災害を防止しています。労働安全への取り組みは、社会的な信頼性を確保するためにも大切と考えているようです。
安全施工サイクルを運用し、災害や事故の防止を図っています。働く人は、身体的な負担に限らず、メンタル面での健康を保たないと満足できる仕事はできません。そのため心身の健康を保持と増進に、取り組んでいるようです。
安全衛生活動や労働安全衛生のため、法規則や社内規定を遵守。COHSMS建設業労働安全衛生システムによる適切な措置を実施し、働く環境の安全を守っているようです。

■品質と環境と働く人を守る鹿島建設の取り組み

鹿島建設の基本方針は、ステークホルダー、環境と働く人を守るために掲げられています。基本方針をしっかり守れば、企業としての信頼性が保てると共に、事業の発展と安全に働けることで、社内の活性化を図れると考えているようです。

投稿日: