鹿島道路の舗装・土木事業には技術力の土台がある

■鹿島道路の中心事業は舗装と土木事業

鹿島道路の中心事業として、舗装と土木があります。創業以来のコアビジネスとして、道路工事や橋梁や空港やダムやテストコースまで幅広い土木工事をプロフェッショナルとして携わり、多くの実績を残してきました。その知識と経験の積み重ねが財産となり、鹿島道路を支えているのです。

■鹿島道路は道路を経済活動の大動脈と位置づけている

鹿島道路が考える道路は「経済活動の大動脈」で、中心事業として位置づけているようです。
スムーズに往来できる道路がなければ物流に悪影響を与え、停滞すれば日本全国でビジネスも上手くいかないでしょう。気軽に遠方の人と出会うことも、むずかしくなります。
舗装も定期的に行わないと、交通事故のリスクも高まりますし、道路が分断されれば孤立する地域もでてくるはずです。道路工事や舗装のプロフェッショナルとして建設や維持や修繕、更新に携わり、生活環境を整えています。

■空港や港湾やダムなどのアスファルト舗装にも携わっている

空港や港湾やダムのアスファルトの舗装工事までカバーしています。空港や港湾やダムやテストコースのアスファルトは、特殊な環境下です。そのため、一般道路にはない特殊な舗装工事が求められるため、知識と経験と技術が不可欠です。
たとえば、ダムは水を貯める、洪水を防ぐ重大な役割を担っており問題があれば大事故になりかねません。鹿島道路は最高水準の技術とノウハウにより、侵食作用や水圧や浸透に耐えられるダム設計を行い、高い安全性を実現しています。

■鹿島道路が設計する高い技術力を背景にしたテストコースや空港

鹿島道路の高い技術力や蓄積された経験は、テストコースや空港にも活かされています。日本の自動車産業は、世界中の需要が証明しているように高い評価を受けていますが開発にはテストコースが欠かせません。
鹿島道路は傾斜面舗装システムやコンピューターと自動制御装置を駆使し、直線から曲線まで、設計通りのテストコースを形成しています。空港も巨大な飛行機の離着陸により生まれる沈下を防ぎ、健全な状態に保っています。研究開発を行い、技術の発展に取り組んでいるようです。

◆羽田空港や京極ダムなど日本国内で実績多数

鹿島道路が中心事業として掲げる舗装工事や建築工事は、高い技術力が土台にあります。技術力と共に、経験や知識が求められる分野であり、問題があれば大きなトラブルに発展しかねません。
鹿島道路は責任を持って、空港やダムの工事に携わっているのです。空の玄関口として日本を代表する空港のひとつ、羽田空港の安全も舗装で寄与しています。

投稿日: