鹿島道路株式会社は大手道路会社として発展を続ける

■1958年に設立された大手道路会社

鹿島道路株式会社は、1958年設立の大手道路会社です。設立時は丸善石油が全額出資し、丸善舗道として誕生しました。現在の鹿島道路株式会社に名称が変わったのは、1964年12月です。
1989年、売上高1,000億円、1997年に2,000億円を突破、2010年3月には、鹿島建設株式会社の完全子会社になった大手道路会社です。

■舗装を中心として快適な環境づくりに貢献

鹿島道路の中心事業は舗装工事ですが、一般土木やアスファルトの合材製造や建築工事も担っています。一般廃棄物や産業廃棄物の収集や運搬、資源の再利用、土地や賃貸借管理といった不動産関連まで幅広く事業を展開中です。
代表取締役の吉弘英光氏は「新しい価値創造に挑戦し、人と地球の豊かで快適な環境づくりに貢献する」という考え方を掲げています。日本は都市部から田舎まで、交通インフラが整えられているため、鹿島道路が貢献できる場所は多いでしょう。

■日本国内に限らず地球全体の環境保全も考える鹿島道路

鹿島道路は日本国内に限らず、地球全体の環境保全も考えている企業のようです。環境保全を無視すると人類をはじめ、生物が住めなくなる惑星になります。子どもたちや孫世代、以降の世代まで環境保全を先送りするだけになれば、回復にも相当の時間と労力と経済的な負担がかかるのは否めません。
鹿島道路で働く社員は、企業理念に基づいて仕事を行い、地球環境保全と経済活動が両立する社会の実現を目指しているようです。鹿島道路は困難なふたつの目標を果たすため、長年の経営によって蓄積された技術力と経験を駆使しています。

■橋梁からダムや景観舗装まで幅広く対応

鹿島道路は幅広い事業展開の中で、実績を積み重ねてきました。その中で培った知識と技術が土台となり発展したのです。道路や橋梁をはじめ、ダムや空港や港湾、テストコース、サッカー場やスタジアムなどスポーツ施設も手がけました。
公共工事にも取り組んでおり、学校の区画整理、道路や植栽、周辺の整備まで、身近な場所で建築設計や施工を行っています。
また、日本国内に限らず、海外でも事業展開をしているようです。2005年3月、タイにKRO Co.,Ltd.、および、ベトナムにはKRV Co.,Ltd.を設立。パブリック・プライベート・パートナーシップ(PPP)では、空港や学校給食センターも設立しました。
公共施設等総合管理計画をサポートする情報提供、公的不動産の活用といった新ビジネスにも積極的に取り組んでいるようです。

■舗装工事や建築工事事業を通し快適な環境づくりを行う

普段何気なく通っている道路の建築や舗装、スポーツ施設や空港や港湾、景観や公共施設まで手がけている建築物はたくさんあります。鹿島道路は事業を通し、快適な生活環境作りに取り組み、同時に地球環境にも配慮した環境保全と経済活動の両立を目指しているようです。

管理人推奨サイト▶▶▶ 鹿島道路株式会社の求人・仕事|スタンバイ

投稿日:

鹿島道路が展開する製品事業や建設機械の開発が施工の質を高める

■鹿島道路は製品事業で舗装工事の材料を製造

鹿島道路はアスファルトの材料なども製造や販売もしています。主に舗装工事の材料として使われるアスファルト混合物の合材、コンクリートやアスファルトを再利用した材料の製造と販売です。
鹿島道路は舗装や土木工事の次に位置する事業で、アスファルト合材製造販売が事業全体で比較すると、高い受注力を誇っているようです。注文が多くあるのは、高い信頼性を証明しているともいえるでしょう。

■鹿島道路が販売している製品は多種多様

鹿島道路が販売している製品は多種多様で、小規模面積の工事や補修に適している合材や耐水性や耐熱性のあるエポキシ樹脂接着剤、クラック補修剤を取り扱っています。
環境負荷低減、寒冷期や薄層舗設時等の施工性向上を目的としたミデアミックス舗装工法は、中温化アスファルト舗装工法です。その他、歩道や車道やプールサイドや公園、商業施設や貯水池や建築外構など場所や用途に適している製品を販売しています。鹿島道路の高い技術力が土台となり、製品開発につながっているようです。

■技術のスペシャリストが在籍

鹿島道路は、技術研究所や支店試験所でプロフェッショナルが日々、新しい製品を研究しています。全国の製造所で製造販売されているアスファルト合材は、材料や製品の仕上がり具合をチェックする品質管理のプロフェッショナルが担当。
工事やアスファルト合材の受注は営業が担当しています。鹿島道路は道路という長期間、物が残ることや、人々の役に立つ製品を取り扱っている点にやりがいを感じる社員もいるようです。

■アスファルト合材以外にも建設機械の開発設備やオペレーションにも対応

鹿島道路は、建設工事の現場で使われる大型建設機械の操作管理、特殊機械の改造や設計や開発にも関わっています。他にも、アスファルト合材製造所の機器操作や管理も重要な仕事です。現場管理をする工事関係者とは違う観点から、意見を言える機電技術者も在籍しています。
現場へ行くこともあり、専門的な知識や経験を積める環境が鹿島道路では整っているようです。将来、建設現場の自動化や安全な現場づくりに貢献する仕事に日々取り組んでいることがうかがえます。

■新技術を日々開発してインフラ整備に努める

鹿島道路は、単純に舗装や建設だけ行う企業ではないようです。舗装で使用する合材、建設で使用する特殊機械の開発や操作管理まで幅広く対応しています。道路は日本全国で必要なものであり、定期的にメンテナンスもしなければなりません。効率的、効果的に行うのは新しい技術と製品の開発は必要です。開発や製造を通して社会に寄与できるでしょう。

投稿日:

鹿島道路の考え方は顧客の満足度を高めて環境づくりに責任を持つこと

■品質と環境づくりに責任を持つ鹿島道路

鹿島道路は、品質と環境に責任を持った企業として前進しているようです。顧客の考えや求めているものを把握し、過剰に保守的にならず、新しいことにもチャレンジする積極性を持っている企業といえます。
舗装工事や建築工事などに取り組む建設業ですが、自然環境も無視していません。快適な環境づくりを役割とし、使命感を持って責任を果たしているようです。

■鹿島道路がチャレンジし続ける品質の向上のための取り組み

鹿島道路が掲げる基本方針の中に、品質方針があります。品質を高めるために行っているのは、顧客と社会はなにを求めているのか把握し追求することだそうです。品質を高めようとしても、人々や社会に不要と判断されるものでは意味がありません。
革新へも、積極的にチャレンジしているようです。鹿島道路が長い歴史の中で積み重ねてきた実績は多いですが、あぐらをかいていれば向上はありえません。日々、継続的なレベルアップを意識しており、実践の容易化にも取り組んでいるようです。

■人と地球が豊かに生活するために鹿島道路が取り組んでいること

鹿島道路は環境保全に力を入れていますが、それは舗装工事と建築工事などを行う建設業としての役割と責任を持っていると考えているからでしょう。ただし、地球環境保全に限らず、経済活動も両立し、持続的に発展できるための社会づくりへの貢献も考えているようです。
地球環境保全のための行動指針は、複数あります。汚染予防や環境への負担を減らし、低くするための取り組み、そのための技術開発を推進中のようです。また、環境関連法規や同意した要求等の順守、社内外のコミュニケーションの風通りをよくすることにも取り組んでいます。

■労働安全方針で労働災害を防いで安全を守る

舗装や建設の工事を行う現場は、絶対的な安全が確保された場所や環境とは限りません。働く人々を守るために労働安全方針を掲げ、労働災害を防止しています。労働安全への取り組みは、社会的な信頼性を確保するためにも大切と考えているようです。
安全施工サイクルを運用し、災害や事故の防止を図っています。働く人は、身体的な負担に限らず、メンタル面での健康を保たないと満足できる仕事はできません。そのため心身の健康を保持と増進に、取り組んでいるようです。
安全衛生活動や労働安全衛生のため、法規則や社内規定を遵守。COHSMS建設業労働安全衛生システムによる適切な措置を実施し、働く環境の安全を守っているようです。

■品質と環境と働く人を守る鹿島建設の取り組み

鹿島建設の基本方針は、ステークホルダー、環境と働く人を守るために掲げられています。基本方針をしっかり守れば、企業としての信頼性が保てると共に、事業の発展と安全に働けることで、社内の活性化を図れると考えているようです。

投稿日:

鹿島道路の舗装・土木事業には技術力の土台がある

■鹿島道路の中心事業は舗装と土木事業

鹿島道路の中心事業として、舗装と土木があります。創業以来のコアビジネスとして、道路工事や橋梁や空港やダムやテストコースまで幅広い土木工事をプロフェッショナルとして携わり、多くの実績を残してきました。その知識と経験の積み重ねが財産となり、鹿島道路を支えているのです。

■鹿島道路は道路を経済活動の大動脈と位置づけている

鹿島道路が考える道路は「経済活動の大動脈」で、中心事業として位置づけているようです。
スムーズに往来できる道路がなければ物流に悪影響を与え、停滞すれば日本全国でビジネスも上手くいかないでしょう。気軽に遠方の人と出会うことも、むずかしくなります。
舗装も定期的に行わないと、交通事故のリスクも高まりますし、道路が分断されれば孤立する地域もでてくるはずです。道路工事や舗装のプロフェッショナルとして建設や維持や修繕、更新に携わり、生活環境を整えています。

■空港や港湾やダムなどのアスファルト舗装にも携わっている

空港や港湾やダムのアスファルトの舗装工事までカバーしています。空港や港湾やダムやテストコースのアスファルトは、特殊な環境下です。そのため、一般道路にはない特殊な舗装工事が求められるため、知識と経験と技術が不可欠です。
たとえば、ダムは水を貯める、洪水を防ぐ重大な役割を担っており問題があれば大事故になりかねません。鹿島道路は最高水準の技術とノウハウにより、侵食作用や水圧や浸透に耐えられるダム設計を行い、高い安全性を実現しています。

■鹿島道路が設計する高い技術力を背景にしたテストコースや空港

鹿島道路の高い技術力や蓄積された経験は、テストコースや空港にも活かされています。日本の自動車産業は、世界中の需要が証明しているように高い評価を受けていますが開発にはテストコースが欠かせません。
鹿島道路は傾斜面舗装システムやコンピューターと自動制御装置を駆使し、直線から曲線まで、設計通りのテストコースを形成しています。空港も巨大な飛行機の離着陸により生まれる沈下を防ぎ、健全な状態に保っています。研究開発を行い、技術の発展に取り組んでいるようです。

◆羽田空港や京極ダムなど日本国内で実績多数

鹿島道路が中心事業として掲げる舗装工事や建築工事は、高い技術力が土台にあります。技術力と共に、経験や知識が求められる分野であり、問題があれば大きなトラブルに発展しかねません。
鹿島道路は責任を持って、空港やダムの工事に携わっているのです。空の玄関口として日本を代表する空港のひとつ、羽田空港の安全も舗装で寄与しています。

投稿日:

鹿島道路の建築事業は設計から施工までトータルな対応が強み

■鹿島道路は建築も中心事業に位置づけている

鹿島道路は、倉庫や工場をはじめオフィスビルや商業ビルの建築事業も行っています。学校や老人ホーム、ガソリンスタンドまで多種多様な建築物をカバーしており、設計も施工もトータルで対応できる柔軟性のある企業のようです。

■設計と施工までトータルに対応できるのが鹿島道路の強み

強みのひとつが、建設工事を設計から施工までカバーできる総合力でしょう。設計会社と施工は別々だと、各業者のために時間も取られます。連携が取れておらずコミュニケーションがスムーズでないと、誤解や行き違いで大きなトラブルになりかねません。
舗装工事も同じで大きな規模になれば、莫大な費用がかかります。失敗があれば取り返しがつかないため、設計と施工の担当者の連携は重要な意味を持つのです。鹿島道路は設計から施工まで一括で行える、業務範囲の広さがあるようです。

■小回りが利く機動力の高さと高い技術力で対応

小回りが利き高い技術力を持っていることも、鹿島道路が建築分野で実績を積み重ねられた理由かもしれません。鹿島建設の親会社は、ゼネコンの鹿島建設で、建設工事のノウハウが共有できているようです。中心事業の舗装工事や土木工事に長けたプロフェッショナルが多く在籍しているため、多種多様な建築物を高い技術力で対応できるのでしょう。
規模は鹿島建設よりも小さいため、小回りの利く柔軟な体制が整っています。同時に携わるスタッフも、年齢が若いうちからひとりで仕事を行えるため成長しやすい環境を作っているようです。各スタッフの技術力の高さが、鹿島道路を支えているのでしょう。

■鹿島道路のスタッフは専門以外の知識も得やすい環境

親会社の鹿島建設は経済的な体力があって安定しており、多くのグループ会社があります。海洋港湾や海岸保全工事や地質調査などを行っている会社、建設廃材の中間処理を行う会社も入っているそうです。
日常的に土木専門の社員や建築専門の社員など、他分野の専門知識を持った社員が接する機会も多く積極的にコミュニケーションを取り、意見を交わしているようです。グループ会社という点で、お互いに協力し合う関係ができあがっているのでしょう。
新人教育にも力を入れているようで、その中で鍛えられ、人間力を持った人材が建設や舗装に携わっていることが鹿島道路の強みなのかもしれません。

■鹿島道路の建設事業は協力しあえる風土で成り立っている

鹿島道路は、グループ会社同士で協力しあえる体制が整っているようです。土木や建築など多分野の会社が協力し、各専門知識に基づいた意見を交わしながら建築物を建設しています。
恵まれた会社風土の中で新人を育成できるため、各分野に高い技術力を持った人材が育ち総合力を高めている企業と言えるでしょう。

投稿日: